MODERE 2021.10 Volume4 Isuue5
17/120

※1 独自の研究による※2 加水分解していないコラーゲンは約30万ダルトンのところ、1500から2500ダルトンと超低分子です。最適サイズ※1の分子量として採用人の軟骨成分とほぼ同じ 理想的なバランス安全性を認められたコラーゲン原料リキッドバイオセルリキッドバイオセルが体内に吸収されるイメージ腸壁肌・関節リキッドバイオセルは、液体(Liquid)用のコラーゲン原料で、「生命(Bio)の源(Cell)」の意味をこめて名づけられました。美容や健康サポートに役立つといわれながらも、分子量が大きいため消化・吸収がしづらいとされてきた軟骨成分。リキッドバイオセルテクノロジーは、軟骨成分を1500~2500ダルトン※2という超低分子にすることで、体内により効率的に吸収される最適サイズ※1の「リキッドバイオセル」として採用しました。リキッドバイオセルの組成比は、人を含む哺乳類の軟骨成分とほぼ同じ。3つの必須軟骨成分(コラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸)が、理想的なバランスで含まれています。リキッドバイオセルは、米国FDAの基準であるGRAS(Generally Recognized As Safe)に相当すると認められている安全な原料。また、世界的な食品原料の展示会(サプライサイド・ウェスト米国)で2015年最優秀賞を受賞しました。COLLAGEN SCIENCES17

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る